材質紹介 Material

川口金属工業では、鋳鋼・鋳鉄における様々な材質を扱っています。 また、同一ライン上で多様な材質の鋳造に対応できるため、高い品質と制作効率、経済効率を同時に実現します。

鋳鉄

片状黒鉛鋳鉄品(FC200〜FC350)

片状黒鉛鋳鉄品は加工性に優れ、かつ湯流れ性が良く、複雑な形状の製品を製造することが可能です。 また優れた減衰能により、工作機械のベッド、コラム等には欠かせない材料です。

球状黒鉛鋳鉄品(FCD400〜700)

黒鉛を球状に析出させることにより、鋼に匹敵する延性・強度を得ることが可能となります。 建設機械・射出成型機・圧縮機など幅広い分野で使用されています。

ニレジスト(オーステナイト)鋳鉄品 (D-2、D-3、D-5 他)

ニッケルを多く含有させた鋳鉄で、組織内にある黒鉛の効果により、良好な加工性、振動減衰能といった 鋳鉄材のメリットはそのままに耐熱・耐食・低熱膨張などの特性を付与した材質です。 ポンプや高精度が要求される部品に使用されています。

ハイシリコン鋳鉄品

シリコン、モリブデンなどを付与し、耐熱性を向上させた合金です。 ターボチャージャーなど排気系の高温環境での材質特性が良好な材質です。

CV黒鉛鋳鉄品

黒鉛形状を芋虫状(Compact Vermicular)とすることで、高い鋳造性と強度を両立させた材質です。 熱伝導率、減衰能がFCに近く、強度(引張、ヤング率等)がFCDに近いものになります。 エンジン関係部品にて使用されており、欧州では適用範囲が広がっています。

鋳鋼

溶接構造用鋳鋼品(SCW410〜620)

溶接構造を必要とする鋳鋼品として最適な溶接性を有しており、 一般産業機械部品・舶用部品・建築構造用部品に使われ、その応用分野は拡大しています。

低合金鋼鋳鋼品(SCMn*)

高強度・耐磨耗性が要求される機械部品、さらに低温高圧・高温高圧環境下での使用に耐える鋳鋼品の製造が可能です。
材質紹介 写真